次世代店舗「電動DRIVE STATION」 ぞくぞくオープン!

2017/11/29
平素は関東三菱自動車販売をご利用頂き、誠にありがとうございます。
12月9日(土)に弊社店舗のうち1店舗を次世代店舗「電動DRIVE STATION」として改装し、
オープンいたします。

<2017年12月9日 電動ドライブステーション オープン店舗>
綱島店(神奈川県)

<2017年12月2日 電動ドライブステーション オープン店舗>
川崎店(神奈川県)

<2017年11月11日 電動ドライブステーション オープン店舗>

高井戸店(東京都)

<2017年11月3日 電動ドライブステーション オープン店舗>
葛西店(東京都) / 相模原店(神奈川県) / 竜王店(山梨県)

<2017年10月7日 電動ドライブステーション オープン店舗>
戸塚店(神奈川県) / 大宮店(埼玉県) / 土浦店(茨城県) / 松本店(長野県)

<2016年10月8日 電動ドライブステーション オープン店舗>
世田谷店(東京都)

「電動DRIVE STATION」は、通常の店舗機能(新車・中古車販売、点検整備など)に加えて、災害時などの移動手段や電力供給装置となる電動車両(EV、PHEV)の価値、エネルギー問題に果たす電動車両の社会的役割を多くの方に感じていただくための店舗です。2016年10月、弊社・世田谷店が第1号店としてオープンし、多くのお客様にご好評いただいています。

「電動DRIVE STATION」には太陽光発電システムとV2H(※)機器を設置し、太陽光パネルで生み出した電力による電動車両への充電と、電動車両に蓄えた電力を店舗内で使用することを可能としています。また、キッズコーナーのテーブルや椅子・本棚などは、国産木材(山梨県早川町産)で製作し、「植える→育てる→伐採する→使う」という「森林の循環」への貢献に努めています。

さらに、一般家庭のダイニングルームを模した「ライフスタイルコーナー」では、停電発生時のV2H機器による電力供給を実演する「停電デモンストレーション」や、電動車両の100V AC電源(1,500W)で家庭の電化製品を同時かつ複数使用できることを実演する「1,500W体感デモンストレーション」を行います。

他にも、エネルギー・環境をテーマにしたお子さま向けのワークショップや防災イベントの開催、防災への取り組みをはじめとする地域情報を自治体と連携して発信するなどの活動を通じ、地域社会への貢献を目指します。

※「V2H」・・・「Vehicle to Home」の略。電動車両に蓄えた電気を家に供給するしくみのこと。


電動ドライブステーション ご紹介ページ